ストーリー

みんな、總持寺って知ってる?
空海こと弘法大師が関東巡錫の途中、西新井を通った際に、
本尊である観音菩薩の霊託を聞き、本尊の十一面観音を彫り
天長3年(826年)に寺院を建立したこと言われる總持寺
通称西新井大師は、関東の高野山とも呼ばれ、関東三大師の
ひとつに数えられ正月には多くの初詣の参拝客で賑わっている
この町のシンボルのひとつだよ!
実はこの總持寺には、もう一つ大きな秘密が隠されていたことが
近年見つかった古文書により判明したんだ。
今から約200年前のこの地の井戸に、大妖怪『にしあ雷雷』が封印されていたんだ。
でも、この封印が間もなく解けてしまい、こいつが復活してしまい
そうなんだ。
でも、弘法大師はこんな時に備えて、この地に寺を作り、近隣に住む
町の人に再び封印に力を与える秘宝“三種の封具”の在りかを伝え、
弘法大師の試練を乗り越えた人に伝えるよう言い残したという。
ぜひ君たちには、弘法大師が遺した秘密を解き明かし、『にしあ雷雷』を再び
封印してほしい。

※史実を基に本イベントのために作成したフィクションのストーリーです。

西新井大師の歴史や文化、街並みを体験しながらゲームをお楽しみください。